「exile」ってディレクトリ名は何?と問われたならば

この「検索流離譚」のサイト名は、日本古典文学に親しんだ者ならすぐ連想される「貴種流離譚」から借用している。

編集人は、貴種と言われる尊い人ではないのだが、検索して放浪させられることどもを書き列ねて行きたい。

「exile」の辞書検索

「exile」を辞書検索してみると、

なるほど、亡命者、追放者、放浪者、という意味なのか…

いや、件の「EXILE」を辞書引きしたいわけではない。

「流離」の辞書検索

ほんとうは、このサイトのURIのために、「流離譚」の英訳を求めていたのである。

  • Yahoo!辞書-プログレッシブ和英中辞典

「wandering」、「roaming」と、今ひとつである。

そう、これだ! 「exile」に決めた。

ちなみに、字としては「流離」でも、「りゅうり」ならば「exile」だが、「さすらい」ならば「wandering」になるらしい。

サイト名

かつて「黙示録」や「三国志」のサイトを作ってきたので、漢字三文字(かな五文字)にこだわったのだが、「見聞録」や「明月記」なども候補に挙がった。

さて、「"当方"見聞録」とは、これいかに? 誤記誤変換か、意図的か…

なお、今回は芸術性を追及したため?、サイト名を対象としたSEO塾フォーマットは適用していない。その代わりに、ロングテールの個別エントリーページは、しっかりSEOを仕組んでいる。

追記

サイト移転のため、「exile」ディレクトリを廃止…

»